兼業・副業に対する調査

株式会社リクルートキャリアのWebサイトで「兼業・副業に対する企業の意識調査(2018)」が発表されていました。

こちらが調査結果の要約です

  1. 兼業・副業を容認・推進している企業は全体の28.8%
  2. 兼業・副業の禁止理由は、「社員の長時間労働・過重労働を助長するため」が44.8%と最も高い
  3. 兼業・副業の受け入れについては、40.6%の企業が受け入れ済もしくは検討中

詳しくはWebサイトをご覧くださいhttps://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2018/181012-01/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA